スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
うさぎや。
      うさぎや 上野。  うさぎや 阿佐ヶ谷。


どらやきと言えば。。
上野と阿佐ヶ谷のお店に行ってきました。










まずは、上野のうさぎやさん。
できたてホカホカを買うことができます。
うさぎまんじゅうも一緒に購入。

上野のどらやき。"







阿佐ヶ谷のどらやきとうさぎまんじゅう。
うさぎもお店によって違います。

阿佐ヶ谷のどらやき。










うさぎやさんは、上野と阿佐ヶ谷の他、日本橋にもありますが、
それぞれのお店によってどらやきの特徴が違います。

上野のどらやきは、とにかく餡がみずみずしい!
その場で食べることがオススメとのことです。
阿佐ヶ谷のどらやきは、ふんわりの皮に程良い甘さの餡がたっぷり入っています。
(日本橋のどらやきは食べていませんが、、)
それぞれ違うおいしさなのですが、どちらも大満足のどらやきでした。
これはもうお好みなんでしょうが、、どちらか選ぶなら個人的には阿佐ヶ谷でしょうか^^
子供たちは2人とも上野でした!



上野のどらやき。

こちらは上野のどらやき。横から見ると、こんな感じです。
薄めでフチはぴったりとくっついています。
餡はしっかり甘めでした。


阿佐ヶ谷のどらやき。

阿佐ヶ谷のどらやきは、こんな感じ。
フチはくっついていて、餡が多いのでふっくらしています。
こちらの皮、好きです。





どらやきをじっくり観察してみるとこんなに違いがあるのかとびっくりしました。
形や材料、作り方も様々で地方によっての違いもあったり奥の深さを改めて発見しました。

皮はふわふわだったり、しっとりだったり、もっちりだったり。
食べ比べた中には固くてパサついていたり、あんの水分を吸ってべたついているどらやきもありました。
材料もシンプルなものから、こだわりの材料がたくさん入っているものまで。。
ふくらし粉の種類によっても違うかと。
餡もしっとり系から、フレッシュなもの、甘さや分量もお店によって様々。
皮にこだわるか、餡にこだわるか、、お気に入りのお店を見つけるのも楽しいかと思います。

今回食べ比べをしてみて、自分自身の好きなどらやきも何となくわかったかも。。
もともと生ドラ派だった私ですが、、王道の餡のおいしさもしみじみ感じました。





どらやきの食べ比べ、おもしろかったです。
ごそうさまでした。




うさぎやの。





うさぎや 上野

東京都台東区上野1-10-10
TEL 03-3831-6195



うさぎや 阿佐ヶ谷

杉並区阿佐谷北1-3-7
TEL 03-3338-9230
JR中央線 阿佐ヶ谷駅 徒歩3分







スポンサーサイト
|おみせ。 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。